ハリスおばさんパリへ行く

 最近のTOTO狂想曲に思い出すのは、一冊の本。
 それは『ハリスおばさんパリへ行く』。

 ロンドンの通い女中のハリスおばさんが、パリへ行って、ディオールのオートクチュールドレスを手に入れるお話なのだけど、そもそも、ハリスおばさんがその壮大な計画に踏み出したのは、フットボールのくじで百二ポンド七シリングと九ペンス半が当たったからにほかならない。
 むかし、読んだときは、ふーん、フットボールのくじねぇとか思っていたのだけど、イギリスでフットボールといえば、サッカーのこと。そう、ハリスおばさんが当たったくじって、サッカーくじだったんですねぇ。
 ハリスおばさんはこのくじで当たったお金のほかに、三年間しぶちんやってお金を貯めてパリに行ったのだけど、今回のTOTOの一等に当たったかたで、ハリスおばさんみたいな素敵な経験ができるひとがいたら、面白いのに……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)